【注意】華の会メール こんなやり取りは嫌われるその1【自分の話ばかりする】

このページでは華の会メールを使って上手に出会う方法を書いていきます。

 

まず出会いサービスを利用するときに注意が必要なのは、メッセージでやり取りするときは自分の話ばかりしないということです。

 

出会いサービスで異性とうまく出会うことができないという人やメッセージが続かないという人は自分の話ばかりしている人が多いです。

自分中心に考えている人はどうしても嫌われてしまいます。ですので相手の話を聞いてあげる聞き手に徹しましょう。

 

聞き手になると相手も「あ。私に興味があるんだ。嬉しい」という風になりメッセージが続きますし、実際に会うこともできます。

 

聞き手に徹することが華の会メールに限らず、すべての出会いサービスや婚活サービスでもうまくいく秘訣ですね。

 

最初から下ネタは言わない

華の会メールでは「大人の掲示板」というものがあります。つまり不倫目的やセフレ目的で登録している女性や男性もいます。

ですのでエッチなことを言っても許される場があります。しかしいくらセックス目的で登録していてもいきなり「今日エッチしませんか?」「どこが性感帯なのですか?」「経験人数はどれくらいですか?」などと聞いたら絶対に引かれます。

 

ですので出会う目的が不倫やセフレだったとしても最初は下ネタを言わず紳士、淑女を装って接するようにしましょう。

最終的にエッチをしてもいいと思いますが、最初からエッチな態度で接すると失敗します。

 

 

ネガティブなメッセージは送らない

ネガティブなメッセージを送ることは控えましょう。

「最近のニュースはひどいよね」「ご近所の人が本当に嫌なのよ」「旦那のここが嫌いなのよ」「カミさんのここが嫌いなんだよ」などネガティブな話をすると相手は嫌な気持ちになってしまいます。

いくら相手に関係のないことであっても気分が落ちることは言わないほうがいいです。

逆に相手の気分が向上する話をしましょう。例えば「〇〇に行ってみたんだけど景色がすごく綺麗で楽しかったよ」「〇〇というレストランに行ってみたんだけどすごく美味しかったよ」など、話していてワクワクするようなことを言うといいですね。

そうすると、「あ。この人いつも前向きで良い人だ。一緒にいたいな。今度デートしたいな」と言う風になります。ですので常に前向きで接するように心がけましょう。

 

華の会メールを利用したら上記の点に気をつけて出会いを探してみてください。

 
華の会メール無料登録はこちら