大塚寧々似の美熟女と名古屋でセックス体験 Jメールは美熟女率が高い!4回も逝ってしまう熟女だった

こんにちは。

私は40代の既婚男性のフクトミです。まだまだ女性とのエッチは現役です。

 

 

ですが奥さんとは5年ぐらい前からすっかりレスになっているのに、どうしてエッチは現役なのかって不思議に思う人もいると思います。

 

 

それは出会い系サイトのおかげです。

 

 

5年ぐらい前までは、風俗に行ったりして女性とのエッチを楽しんでいましたが、お金もかかるのとやはり風俗の女性たちとのセックスは満たされなかったです。

 

 

時間も限られていて、若い女性たちはどこか仕事として楽しませてくれる感じがしますし、無理してるなって思ってしまいます。

 

 

やはり普通のドキドキやワクワクがあって、お互いに燃えあがってキスをしたり夢中にセックスをする事は、満足感があり相手の女性の事が愛おしく感じられますので格別です。

 

 

確かに若い女性たちの身体は、はちきれんばかりの魅力があり、スタイルも良いので男性としては欲情しますが、大人の女性のような包み込んでくれる優しさに欠けています。

 

 

その点で大人の女性たち(熟女)は、セックスの歓びや楽しみ方を知っていて、自分の本能で求めてきますし、演技ではなく本気で感じてくれるすごさには感動してしまいます。

 

 

半年前に出会い系サイトで知り合った女性はセックスが好きで、面倒な恋愛などよりも身体の関係を優先する女性でした。

 

 

知り合った時は、ごく普通の52歳の既婚女性でしたが、1週間後にラインでのやり取りを始めたあたりから男性とのセックスが大好きなのと教えてくれて、様々な遍歴なども暴露してくれました。

 

 

もっぱらラインでのやり取りもセックスの話題が中心で、先日仲良くなった男性に撮影された彼女の裸の写メなども送ってくれて、

「どんな対位がすき?」

とか、

「何回ぐらいできるの?」

などを私に聞いてきました。

 

 

何となく彼女は私とのセックスの相性が良さそうだと感じたらしく、知り合って3週間めにデートをする事になりました。

 

 

さすがに初対面でホテルでの待ち合わせは礼儀としては良くないと思い、まずは新宿のカフェバーでゆっくりと話をする事にしました。

 

 

待ち合わせ場所に現れた彼女は、大塚寧々似のとても魅力的な大人の女性でびっくりして、ラインでのやり取りをしていた彼女とは別人のようでした。

 

イメージです

 

 

楽しく話をしながらじっと私の目を見て、「なんとなく合いそうだわ」と言ってくれたのがとても嬉しく、しばらくしてから近くのホテルに行きました。

 

 

部屋に着くと彼女はすぐに服を脱ぎ始めて、下着姿になると私の服を脱がせてくれて、一気にパンツまでも脱がせました。

 

 

彼女の細身なのですが熟したフェロモンが出ている下着姿を見た瞬間から勃起していて、勃起した男性自身をみて、

「良かった、元気で」

と笑いながら言い、抱き合ってキスを始めました。

 

 

彼女とのキスは最初はとても優しくロマンチックなもので、何度も唇を離してはまたキスを繰り返し、少し経ってからお互いに舌を絡ませあって吸い合い、身体を撫で回しました。

 

 

二人でシャワーを浴びて、ベッドに入った時も彼女は落ち着いていて、いきなり求め合うのではなく少し話をしていました。

 

 

しばらくしてから彼女の首筋に舌を這わせたあたりから彼女の身体に火がついたらしく、

「ア~、アハ、アハ、アッ~」

と一気に大きな声をあげて感じ始め、乳首をきつく吸った瞬間に

「いっちゃう!」

と短く叫んで果てました。

 

あまりに短い時間で昇りつめた彼女に

「すごいんだね~」

と言うと、

「私って何回でもいっちゃうの」

と笑っていました。

 

 

その後クンニで二回、正常位で二回やはり昇りつめて、最後のバックでは連続イキをして、狂ったように叫んでいました。

 

 

見かけによらずとても情熱的な彼女に少し圧倒されて、今までにこんなにセックスに夢中になる女性は初めてでした。

 

 

彼女は、

「40代の後半あたりから、セックスがたまらなく感じるようになったの。女性ってすごいんだから~」

と誇らし気に話してくれました。

 

 

多くの女性は、40代あたりから本当のセックスの歓びを感じるようになるらしく、一度体感しますと出会い系サイトなどで素敵な男性を見つけては、貪るように男遊びを楽しむ肉食系女子が増えています。

 

 

今回大塚寧々似の熟女と出会った出会い系はJメールです。とてもいい出会い系なのでぜひ利用してみてください。

 

Jメールはこちら【R18】